30歳でカードローン返済して35歳から貯金始めた話

宵越しの金は持たないどころか、パパヤパーとお金使ってカードローンを抱えてたけど、全て返済して貯金できるようになりました。

ローン発覚で彼氏を泣かせた。これは返済せねば。

f:id:chi-shi-95:20180327122941j:plain

こんにちは、ちーしーです。

 

前回の記事はこちら

20代の頃の無駄遣い天国とローンが出来るまで 

 

前回は私がアッパラパーと借金を増やしたお話でしたが、そこからなぜきちんと返済しようと思ったのかの記録です。

 

彼氏は貯金ができる人

30歳のころに付き合っていた彼氏(現在の夫)とは、お互いの年齢もあり結婚を意識していました。その頃もまだまだおっかけに足を半分突っ込んでもいましたので私の無駄遣いは止まりませんでした。

 

一方、彼氏の方は子供のころから比較的堅実なタイプで小金も好きな人。ご両親が株取引も子供の前で行っていたため、自然と彼も株を始めていたためそこそこの貯金がある人でした。

 

お付き合いが深まるにつれて彼氏の堅実な金銭感覚を目の当たりにして、このままのお金の使い方はマズいのでは……?とようやく気が付いたのです。

 

プロポーズを受けたけれど……

お付き合いを初めて半年ほどで彼氏からプロポーズを受け、その時には天にも昇る気持ちでした。しかし、ふと私のカードローンのことが頭をよぎったのです。

 

このままプロポーズを受けて入れていいのだろうか……。

もしかしたらこのことで彼は離れて行ってしまうのではないだろうか……。

 

たくさんのifが頭をよぎりました。

このまま黙っておくか迷いましたが、結婚相手に隠し通せるわけもなく観念してクレジットカードの負債について話すことにしたのです。

 

 

大の大人の男性を泣かせた罪悪感

クレジットカードの借金について彼氏に話すときは本当に緊張しました。翌日に予定などが無い日を狙い、改まって話を切り出しました。

 

「実はクレジットカードの使い過ぎで、貯金が無いどことかローンを抱えてる」ということを告げると、彼氏は驚いていました。

なぜそんなことになったのと聞かれて経緯などを話すと、彼氏は泣いていました。

 

私よりも年上で、大人の男性を泣かせてしまったことに、私は大きなショックを受けたのでした。

そこで初めてこのままではいけないと思い、きちんと返済することを誓ったのでした。