30歳でカードローン返済して35歳から貯金始めた話

宵越しの金は持たないどころか、パパヤパーとお金使ってカードローンを抱えてたけど、全て返済して貯金できるようになりました。

リボ払いは怖いということを学ぼう

f:id:chi-shi-95:20180416134808p:plain

こんにちは、ちーしーです。

 

前回の記事はこちら

www.chi-shi-money.com

 

 

 ↑5年ほど前にクレジットカードのローンを完済し終えて、個人名義の貯蓄も少しずつ増えています!

 

 

20代のころはずっとクレジットカードの負債を抱えていましたが、その中でトップオブトップでやってはいけないことがあります。

それはリボルビング支払い(通称リボ払い)です

 

今回はその怖さについて説明したいと思います。

 

そもそもリボルビング支払いって?

クレジットローンを作りがちな人は「リボルビング払い」の存在はご存じだと思います。購入金額にかかわらず、毎月一定額を返済していく仕組みの支払い方法です。

例えば3万円の買い物をして毎月のリボ設定を5,000円にしておくと、5,000円×6か月+残額1回程度支払っていくことになります。

支払がキツい時なんかにとても便利なんですよね。

 

分かります。私もヘビーに使っていました。

 

だけど、このリボ払い、本当に本当にやめた方がいいです!

金利がとても高いんですが、クレジットカードで麻痺しているとそんなこと頭から無いんですよね。

 

手数料に気が付こう

リボ払いの年利はクレジット会社によってさまざまですが、おおむね9%から法律上限の15%に定められています。

 

具体的な状態はコチラ。

 

f:id:chi-shi-95:20180417150807p:plain

某人気のお財布で解説です。

 

例えば、定価6万円のお財布を購入するとします。

その場合に2018年4月現在であれば商品代金+消費税8%で購入できるので、現金やクレジットカード一括払いだと64,800円で手に入ります。

 

しかし、リボ払いで払った場合には手数料が余分に4,767円も発生します。

(毎月5千円の返済設定・年利15%の場合)

 

【参考サイト】

ショッピングリボ払いのシミュレーション|JCBカード

 

4,767円あったら、ユニクロならトップス2枚くらい買えます。

そんな金額をただただ垂れ流していることになります。

 

こんなのを1年間もかけて支払うとかバカらしくないですか?

1年後には新しいお財布を欲しくなっていませんか?

 

 

リボの本当に怖いところ

上記の図だけで見ると「そんなおおげさな」となりそうですが、一番怖いのは月々の支払いが無理がないからと言って気が付いたらお買い物をたくさんしてしまうことなんですよね。

 

心当たりのある方は、すぐにでも残債と月々の返済金額を見てほしいです。

どんどんお買い物をしすぎていて、返済は毎月5,000円していたとしても残債が増えていたりしませんか・・・?

 

月々の返済5,000円のうち、元本は4,000円を切っているという状況もあり得ます。これでは全然借金は減らないです。

 

それどころか、買えば買うほどど借金が大きく膨れ上がるだけだという事実が一番恐ろしいのです。